5分でわかる!個人再生とはこういうこと

5分でわかる!個人再生とはこういうこと

MENU

5分でわかる!個人再生とはこういうこと

個人再生とは2001年にできた制度です。
この個人再生とは、債務を任意整理しても返すことができない人が、自己破産したくない場合に用いられる手続きです。
手続きは、自己破産の場合と異なり、どんな職業の人でも行うことができます。
また、この制度は自宅を所有している人のために作られたものでもあります。
つまりこの制度は所有している家を手放さずに、住宅ローン以外の債務を整理することができるものなのです。
なお債務を整理する際、住宅ローンは免除・減額されません。

この個人再生とは小規模個人再生と給与所得者再生の2種類があるものです。
小規模個人再生を利用するにあたり、債権者の同意が必要です。
それから、収入を継続的に得られる人が利用することができるものになります。
パートタイマーや年金で生活している人などでも、継続して収入があれば利用することができます。
給与所得者再生を利用するにあたっては、収入を継続的に得られる、収入の変動が年収の20%以内の人が利用することができます。
小規模個人再生と異なり、債権者の同意は必要ありません。

そして、個人再生の手続きをした後、給料の減額など何らかの理由によって、債権を計画通りに返すことが難しくなった場合でも、救済手段があります。
そのような状況になった場合、司法書士や弁護士に相談しましょう。
ハードシップ免責という免責があるのですが、これについても司法書士や弁護士に相談しましょう。